Home > 毎週のスケジュール
summer academy and camps japan

アカデミーの紹介 • アカデミー詳細 • スケジュール   • その他の詳細   • ギャラリー   • ついて知ろう!    • 登録

週間スケジュール:  キャンプ各週の内容をチェック!

東京での6週間: 1~4週目と6~7週目

キャンプのうち6週間は、東京都心の施設にて行われます。施設は教室、カフェテリア、体育館、屋外の運動場など数多くの設備を完備。都心に位置するこの施設は、都内の人気スポットへのアクセスが良好で、東京ならではの経験もたっぷりできます。スケジュールを見る

奥多摩 山岳部での1週間: 5週目

アカデミーの5週目は日本のお盆の時期に実施されます。この週は、清涼な川と緑深い丘陵を有する東京西部の奥多摩へみなさんをお連れします。景色のいい丘の中腹にある全設備完備の学校の施設に全員で宿泊し、アウトドアとエコロジーに関する活動を1週間行います。星の瞬く夜空を眺め、暑い夏の日々にひんやり冷たい川で泳ぎます!  スケジュールを見る

 

1週目: 社会、文化 & コミュニケーション (2019715日〜2019719— 7週間にわたるキャンプの第1週目です。この週は、これから始まるキャンプでの全活動のプラットフォームを作る週です。この週に焦点を当てるのは環境づくりで、部屋や空間など参加者が実際に身を置く環境、私たちの活動を世界へ発信する為のオンライン・バーチャルの環境です。そのような多くの学習目的を通して、生徒たちは週の終わりには、ウェブベースのプラットフォーム開発に携わるようになっているでしょう スケジュールを見る

2週目: テクノロジー& デザイン (2019722日〜2019726) メカトロニクスの1番わかりやすい例はアイアンマンでしょう!そうです、聞いてお分かりの通りとてもおもしろい分野です。実際に参加者がアイアンマンのスーツを作るというわけではありませんが、この分野を追求するくらいインスパイアされて、将来自分の手でアイアンマンのスーツを作ることになるかもしれません!メカトロニクスとは、メカニクスとエレクトロニクスを組み合わせて、目的を達成するためのツールを作ります。メカトロニクスは、この2つの分野が融合した発明に必要不可欠な知識です。 スケジュールを見る

3週目: リモート、バーチャル& リアル・フライト (2019729日〜201982— ロケット打ち上げとドローン技術をビデオや写真と融合させ、航空学、弾道学について学びます。時に実際に手を使ってマニュアル的に、時にオンラインの飛行技術用いながら、写真やビデオなどのメディア技術に焦点を当てた活動に取り組みます。参加者は、メディア・コンテンツ開発のためのドローン飛行およびビデオ・キャプチャーについて学び、メディア・キャプチャー、プロダクション、プレゼンテーション技術を習得し、残りのアカデミーの期間を通して、この技術を用いるだけに止まらず様々な活動で活用するような流れになっています。次週には、ロケット打ち上げ大会も実施されます。スケジュールを見る

4週目: インターナショナル・コミュニティ・ビルディング (201985日〜201989— 4週目は、社会、文化、地域そして国際感覚を養うことに焦点を当て実施されます。キャンプ参加者は、言語、文化の観点から互いに異なる考えや行動をとる要因について、人気の文化、世界的なファッションなど世界で共通する文化についても詳しく学んでいきます。またその土地の地形や気候が人々に与える影響や、自然環境が人々の生活様式、考え方、行動にどのような影響をあたえるのか学びます。 スケジュールを見る

5週目: お盆の週に奥多摩アウトドア・キャンプ (2019812日〜2019816— キャンプ5週目は、日本の伝統的な夏のお盆休みに実施されます。この週には、キャンプ参加者と教員は都市を離れ車で1時間ほどの東京西部にある山岳地のCross特別施設にキャンプをしに行きます。参加者は、アウトドアについて学び、屋外の科学や生態系に関する学習経験をします。また清涼な荒川で泳ぎ、毎晩バーベキューを楽しみます!スケジュールを見る

6週目: エコ環境学習 (2019826日〜2019830) — Crossサマー・アカデミーのカリキュラムのこの週は、再生可能エネルギー資源をはじめ、農業、自然環境、生態系についての学びまで幅広く学びます。キャンプ参加者は、自らの手で生態系、エネルギー資源を作り、環境保全プロジェクトを行います。また、社会がどのように資源を使っているのか、土地の埋め立てやエネルギー生成の過程で発生する廃棄物、リサイクル、再処理の技術やどのような手法を用いて廃棄物を処理しているか学びます。スケジュールを見る

7週目: メディア、デザイン、プロダクション& フィナーレ (2019819日〜2019823) — 6週間にわたる活動に続くアカデミーの集大成の週として、この最終週は今までに作成したメディアを完成させます。この週の目的は、生徒が全7週間のアカデミーを祝うグランドフィナーレとなる最後の金曜日830日に向けた準備をすることです。写真、ビデオ、編集技術に関する最新のデジタル技術および伝統的な技術を用いて、オンラインとオフラインでの参加者の経験を表現するための異なる手法を作り出します 。スケジュールを見る